詐欺被害
無数に存在する投資顧問ですが、全て良い投資顧問というわけではなく詐欺目的で活動をしている悪徳投資顧問も多くいます。自分の資産を守るために悪徳投資顧問の見分け方、優良投資顧問の判断材料などを詳しく紹介します。

不動産投資が思ったより大変な理由

不動産投資は比較的安定した投資であると言われていますが、始めるためのハードルは高めです。
最低でも500万円程度は必要になる傾向です。
ワンルームマンションへの投資ならば少ない資産でも始めることができますが、部屋が空き室になったら家賃収入がゼロになるというリスクもあります。
ワンルームマンション投資をする場合でも、ワンルームマンションを2つ、3つ購入するというようにリスク対策をしておくべきでしょう。
資産がたくさんある人は一括でマンションやアパートを購入してしまうことが可能ですが、多くの人は不動産投資ローンを組んで投資を始めることでしょう。
不動産投資ローンの審査はとても厳しいことで有名です。
銀行によっては「年収750万円以上」というように高いハードルを設定しているところもあります。
不動産投資を始めた後、入居募集や契約、建物の管理・メンテナンスなどもすべて自分でやるということも可能ですが、忙しいサラリーマンなどの場合には現実的ではありません。
基本的には不動産会社や管理会社と契約をすることになるでしょう。
入居募集、契約、家賃の収入、建物の管理・メンテナンスなどのすべてのことをやってくれる管理会社も存在しますが、任せることが多くなるほどコストはかかります。
また、不動産投資は比較的安定した投資であると言われているものの、絶対に成功するというわけではありません。
失敗をしたという事例・体験談などもインターネット上にたくさんあがっています。
不動産投資ローンの審査のハードルが高いため、審査に通ることがゴールと考えてしまっている人が多いことにも注意が必要です。
審査に通ったらローンを返済できる可能性が高いとみなされたということですが、不動産投資が成功するかどうかというポイントについてはローンを貸す側には関係がないことです。
あくまで債務を回収できるかどうかというポイントで審査がされているということを理解しておきましょう。

不動産投資に失敗した事例の紹介

不動産投資に失敗した事例として多いのは、ローンが返済できなくなってしまったということです。ローンが返済できなくなったら強制的に不動産を売られてしまいます。
さらに、不動産を売却してローンが完済できなければ、多額の債務が残ってしまうこともあります。ローンを返済できなくなる理由はさまざまです。
物件の選び方で失敗をしたという人も多いです。需要がないエリアで物件を購入してしまったというケースのほか、購入した当時には需要が高かったが、なんらかの事情で需要がなくなってしまったというパターンもあります。
大手メーカーの工場が近くにあったが、工場が移転してしまったというケースなどです。物件の選び方では成功していたが、管理会社選びで失敗をしてしまったという人もいます。
管理会社とサブリース契約を結んでいたが、契約更新時に契約料をあげられたので解約をしたら、部屋が空き室だらけだったというケースなどです。
サブリース契約は「30年間家賃を保証します」などという謳い文句で一時期注目を集めましたが、問題点も浮上してきているので、注意をしておきましょう。
不動産投資がうまく行っているように見えていたが、計算をしてみると赤字だったというケースもあります。
ローンをすべて完済して予定通りに言っていたはずだが、マンションを売却をしたら予想以上に安く売れてしまったために赤字になってしまったという事例などです。
建物には経年劣化の問題があります。購入をしたマンション・アパートは売却をするときには価格が下がっているのが通常です。予想よりも大きく安値で売れてしまったら、トータルでの利益がマイナスになってしまうということもあります。
ローンを完済しているのであれば破綻のリスクはありませんが、やはり利益を出せていなければ失敗となるでしょう。

関連記事はこちら