詐欺被害
無数に存在する投資顧問ですが、全て良い投資顧問というわけではなく詐欺目的で活動をしている悪徳投資顧問も多くいます。自分の資産を守るために悪徳投資顧問の見分け方、優良投資顧問の判断材料などを詳しく紹介します。
SALE

悪質投資顧問業者が行なう詐欺の手口とは

投資顧問業者は金融商品取引法に基づいて財務省に登録した業者のことです。
その業務は投資助言業務と投資一任業務に分類できます。金融商品取引法に基づいて財務省の登録を受けてはいますが、詐欺的な行為を行う業者も存在します。
悪質な投資顧問業者の特徴には様々なものがあります。嵌め込みは投資の初心者である個人投資家に資本力のある機関や仕手筋が株価の値動きについてサインを出して飛びつかせます。
多くの個人投資家が飛びついて値動きしたところで、自分たちは逆の行動をとることで利益を出そうとします。
多くの投資の初心者にとってアドバイスを与えてくれる投資顧問業者の存在は重要です。しかし悪質な投資顧問業者は嵌め込みによって初心者を犠牲にしようとするので注意が必要です。
ポンジ・スキームは多くの個人投資家を勧誘しますが、実際には集まった資産の運用を行いません。最初に勧誘された投資家には後から勧誘された投資家から集めた資産を分配します。
勧誘が続けば、最初に案件に投資した人たちはある程度利益を得ます。しかしどこかで勧誘が不可能となれば、損失を被ることになります。
ポンジ・スキームは自転車操業的な詐欺行為です。勧誘の手口としては高利回りが謳われている他に、芸能人が広告塔になることもあります。
その他にも悪質な投資顧問業者による詐欺的な手口としては誇大広告や断定的判断の提供が存在します。投資顧問業者を選ぶ場合には過去の投資実績や助言実績を確かめる必要があります。
悪質な投資顧問業者は偽りの投資実績や助言実績による誇大広告を行っている事例が見られます。投資顧問業者の主張を鵜呑みにせず過去の実績を確認することが重要です。
断定的判断の提供とは不確定な事実について確実かのような主張を行うことです。絶対大丈夫です、必ず株価が上がりますなどの主張は断定的判断の提供に該当します。
断定的判断の提供は消費者契約法4条でも規制されており、契約を取り消すことができます。

誇大広告と断定的判断の提供を使った勧誘には注意!

誇大広告とは商品やサービスの内容などが実際よりも優れていると誤認させるような表示をした広告のことです。
悪質な投資顧問業者も様々な誇大広告による勧誘を行っています。顕著な特徴としては偽りの投資実績を掲載している点を挙げることができます。
意図的に詐欺行為を行う悪質な投資顧問業者には、正確な市場や銘柄に関する情報を提供する能力がありません。
投資顧問業に助言業務を依頼する場合には、業者が掲げる投資実績が真実かどうかを確認する必要があります。
インターネットの口コミサイトや掲示板などを活用すると投資顧問業者の実績を確認できます。ホームページなどで掲載されている情報との整合性があれば、真実であると確認できるため安心です。
投資顧問業者の主張をそのまま信じるのではなく、複数の情報源から情報を得て整合性を確かめることが求められます。
悪質な投資顧問業者による広告では断定的判断も多く見られます。確実に儲かります、絶対に損をすることはありませんなどの表現を見かけた場合には注意が必要です。
世の中には様々な投資方法が存在しますが、いずれもリスクがあります。リスクが全くない投資方法は存在しません。
また100%確実に儲かるという投資方法もありません。どのような投資方法にしても損失を被る可能性はあるので、断定的判断の提供が行われている投資顧問業者は、悪質業者であると疑っても良いでしょう。
投資の初心者にとって投資顧問業者の存在は重要です。株式などに投資して利益を得るためには一定の知識と経験が必要になります。
適切なアドバイスを行ってくれる投資顧問は初心者にとって心強い存在であることからも、初心者の知識や経験の乏しさにつけこみ利益を得ようとする者も存在するので、信頼できる投資顧問業者を慎重に選択する必要があります。

関連記事はこちら