詐欺被害
無数に存在する投資顧問ですが、全て良い投資顧問というわけではなく詐欺目的で活動をしている悪徳投資顧問も多くいます。自分の資産を守るために悪徳投資顧問の見分け方、優良投資顧問の判断材料などを詳しく紹介します。

投資は何にするのが良いか

日本は少子高齢化が進んで人口が減少する時代に入りました。人口が減少すると経済規模も縮小します。
そのため政府の税収も減少し、将来の公的な医療制度と年金制度に不安を与えることになります。
これまでは日本人の多くが、郵便局や銀行など金融機関への預貯金で資産運用をしてきました。
確かに預貯金にはリスク回避できるというメリットがあります。しかし金融機関が設定する金利が低いため資産を増やす目的には適していません。
同様に個人向け国債もリスクが小さい資産運用方法ですが、利益も小さいという特徴があります。
人口が減少し経済規模が縮小しつつある時代には、誰もが積極的な投資を行い老後の生活を支える資産を形成することが必要です。
株式投資や不動産投資など様々な投資方法が存在しますが、多大な利益を得ることを目的とするほどリスクは高まります。
利益を増やすためにはある程度のリスクを許容することが求められます。一方で投資方法によってはリスクを抑えながら利益を得ることも可能です。
株式投資では投資の初心者が利益を得るには大きなリスクが伴います。リスクをある程度回避して株式投資を行うならば、長期的な視野に立つことが重要です。
値上がりによる売却益よりも配当金や株主優待を目的とする投資方法が初心者には適しています。一時的には株価が下がっても長期的に値上がりを待てば利益を得ることができます。
信用取引で売り注文と買い注文を同時に出しリスクを回避しながら株主優待を得るという方法も存在します。
取引の手数料よりも高額な株主優待を得ることができれば利益になります。不動産投資も長期的な視野で行うことで、リスクを回避した資産運用が可能です。
投資用不動産を購入する際には登記簿の原本をよく確かめる必要があります。登記簿の原本には土地の地目や不動産の権利者が記されています。
地目が田畑の場合にはその他と比較して固定資産税が安いというメリットもあります。農地の取引には農業委員会などの許可が必要とされます。
安定した家賃を得ながら長期的に値上がりを待つことができる点が不動産投資の魅力です。

先物取り引きが危険と言われる理由

先物取り引きが危険と言われる理由は、将来の価格変動を予測することが非常に難しいという点にあります。
一般的に先物取り引きを行う場合には買い注文や売り注文を出して、期限が来ると決済を行います。
自分で商売を行うための原材料を確保するための先物取り引きであれば大きなリスクはありません。
しかし価格変動による差益を求める場合には大きな損失を被る可能性があります。先物取り引きを行うためには証拠金を提出します。
証拠金の何倍もの取引を行うと利益も大きくなりますが、大きな損失が発生する場合も存在します。
10万円の証拠金で10倍の100万円までの買い注文を出した場合には、期日に先物商品が110万円となっていれば10万円の利益です。
しかし90万円の場合には10万円の損失となります。倍率が高いほど大きな損失を被るリスクが存在します。
先物取り引きで資産運用を行うためには相当な知識と経験が必要です。投資の初心者がリスクを回避して資産運用を行う方法としては不動産投資の方が合理的となります。
確かに投資用不動産にも市場価格が値下がりするリスクは存在します。しかし一時的に市場価格が値下がりしても長期的に上昇するのを待てば問題はありません。
基本的に不動産投資は長期的な視野に立って行われます。主な目的は値上がりによる売却益ではなく安定した家賃収入です。
先物取り引きでは将来の価格変動を予想して注文を出しますが、投資の初心者には予測が難しいという問題が存在します。
一方で不動産投資であれば、長期的に価格変動のリスクを抑えて安定した家賃収入を得ることができます。
どのような投資方法であれ将来予測は難しいという問題がありますが、長期的に安定した利益を得る方法は存在します。

関連記事はこちら